ビットコインの長期的なブル・ケース

はじめに

ビットコインの世界に住んでいる私たちは、ビットコインの価格というジェットコースターに慣れています。ビットコインは、経済の主流になった最初の暗号通貨として、何千ものアルトコインや暗号通貨プロジェクトに続く道を開きました。

しかし2010年以来、金融革命の中心的な役割を担ってきたにもかかわらず、ビットコインは不安定で極端な価格変動に見舞われることが少なくありません。

ビットコインの価格は時価総額で最大の暗号通貨としての地位を固めるために、何十回もの修正と暴騰を繰り返してきました。現時点では以前の史上最高値の50%以上を失っていますが、投資家やビットコインの最大手たちは、依然としてビットコインの将来に大きく賭けています。

私たちは、短期的な変動は全人類が利用できる分散型の公正な金融システム全体を可能にしたビットコインの根本的な技術的・社会的革命の影響であると理解しています。

BTCはその優位性を維持できるのか?

残念ながら、絶対的な答えはありません。しかし、歴史的な年表、現在の状況、進行中の開発に基づいて、少なくともある程度はビットコインの将来を評価することは可能です。ここでは、ビットコインの長期的なブルランを強化するいくつかの要因を紹介します。

急増する普及率

BTCは2021年にこれまでの記録を塗り替え、パンデミックの影響や経済の混乱が投資家にビットコインをヘッジとして検討させる一因となった。世界経済は次から次へと危機が訪れ、多くの人がビットコインをヘッジとして選択したのです。

2020年から2021年にかけてBTCが達成した機関投資家とリテールユーザーの間での普及ペースは、これまで市場が経験したことのないようなものでした。ピーク時のビットコインの時価総額は1兆ドルに達し、トルコ、インドネシア、オランダといった規模の大きな国のGDPを上回ったのです。

エルサルバドルや中央アフリカ共和国(CAR)など、いくつかの国がビットコインを法定通貨として採用しました。著名な法律家、政治家、業界リーダーが、それぞれの管轄区域でビットコイン(およびその他の暗号通貨)の多くの利点を擁護しているほどです。

ビットコインは、いくつかの有力企業がビットコインの受け入れを開始したように、支払い媒体としての利用という点でも強い軌跡をたどっています。2020年のHSBの調査では、米国の中小企業の36%近くがBTCを受け入れていることが明らかになりました。そして2021年、テスラCEOのイーロン・マスクは、テスラが支払いとしてビットコインを受け入れると公に発表しました。Wikipedia、Twitter、Microsoft、AT&T、Burger King、KFC、Overstock、Subway、Twitch、Pizza Hutなど数百の主要企業がこれに続き、ビットコインのバンドワゴンに飛び乗りました。

BTCの導入は、発展途上国や消費者中心のブランドだけにとどまりません。機関投資家やTradFi企業も、BTCに飛び込んでいます。MicroStrategyの最新のレポートを見ると、同社がバランスシート上で125,000BTC以上を保有していることがわかります。その他、Tesla、Galaxy Digital Holdings、Block(旧Square)、Marathon Digital Holdings、Hut 8 Mining Corp、Coinbase Global、Riot Blockchain、Bitcoin Group SEなどの企業が、合わせて数十億ドルに値するBTCを保有しています。

機関や企業がビットコインを採用する割合や、決済処理、スケーリングソリューション、DeFiプロトコルなどBTCに特化したソリューションの開発が進んでいることを考慮すると、BTC需要の高まりのきっかけはすでに存在し、さらに高まる可能性があります。企業による採用が進むにつれ、BTCの価値は新たな勢いを増していくでしょう。

次の半減期イベント

経済的価値を持つ他の資産と同様に、BTCの価格もその需給に左右されます。BTCの需要が変わらないか増加すると仮定すれば、BTCが2100万トークンの上限に近づけば近づくほど、その価格は上昇する可能性があります。

過去のデータを見ると、平均して半減するたびにBTCの価格は4倍近くになっています。正確には、過去3回の半値戻し後、BTCの価格は9,915%(2012年)、2,949%(2016年)、665%(2020年)と跳ね上がっているのです。

ビットコインネットワークは2030年までに2回の半減期を迎えます(1回は2024年、次が2028年)。この2回の半減期により、BTCの需要が増え続けても、新しいコインが鋳造される割合がさらに減り、供給が抑制されることになります。経済的な観点からは、時間の経過とともに流通するビットコインが希少になるため、BTCの価値が大幅に上昇する可能性があることを意味します。

ビットコイン上の決済ソリューションと先進のスマートコントラクト

ビットコインネットワークがDefiとNFTのエコシステムに徐々に拡大していることも、BTCの将来を形作る上で極めて重要な役割を果たす重要な推進力となっています。決済チャネルソリューション、スマートコントラクト機能、ビットコインの上に重ねられたサイドチェーンの出現により、このネットワークはDefiおよびNFTプロジェクトのハブとなる素地を築きました。

ビットコインネットワークの決済処理ソリューションであるライトニングネットワークも、BTCの普及拡大に重要な役割を担っています。スケーラビリティ・ソリューションとして、このネットワークは、セキュリティを損なうことなく、取引速度の低下と取引コストの膨張という課題を解決しています。8000万人以上の登録ユーザーを持つライトニング・ネットワークは、取引目的でのビットコイン導入を簡素化し、ネットワークをより身近なものにしています。ビットコインの普及を可能にする絶大な価値があることが証明されていますが、10億人のユーザーにサービスを提供するには、RSKのようなビットコインレイヤー2の代替手段が必要となり、実質的なスケーリングに到達することが必要です。

RSKはビットコインをスケールするだけでなく、ある程度の分散性を維持し、ビットコインのプルーフ・オブ・ワークのセキュリティを活用しながら、ビットコインのエコシステムにステートフルチューリングコンプリートのスマートコントラクトをもたらすものでもあります。ビットコインブロックチェーンの多様なユースケースを解放し、開発者がビットコインネットワークのセキュリティと流動性を活用しながら、そのチェーン上でdAppsとプロトコルを構築し、展開することを可能にしました。現在、RSKにはBTCを担保としたドルペッグ型ステーブルコインを発行するマネーオンチェーン、借入・貸付・デリバティブを提供するソブリン、ラテンアメリカ市場に焦点を当てた借入・貸付代替サービスのトロピクスなど、活発なデファイ・エコシステムが存在します。

2030年のビットコインに期待することは?

ビットコインの現在の市場占有力と暗号通貨コミュニティの間での持続力に対する認識を考慮すると、BTCの価格は2030年までに大幅に上昇する可能性があります。この拡大は、その価値や時価総額に限られたものではないでしょう。それでも、新興セグメント(Defi、NFT、P2Eゲーム)にまたがるビットコインネットワークの成長するエコシステムの価値評価も考慮することになるでしょう。

イーサリアムのスケーラビリティとコスト効率における継続的な課題は、すでにいくつかの第3世代ブロックチェーンがそのDefiとNFTの覇権を切り崩す道を開いています。一方、ビットコインネットワークは、そのスケーリングソリューション、スマートコントラクトプラットフォーム、サイドチェーンによって、これらのエコシステムの繁栄を促進するために必要なインフラを継続的に装備しているのです。

フィンテック企業や開発者は、ビットコインのネットワーク上に構築することにますます注目しています。ユーザーエクスペリエンスを簡素化し、これらの技術に内在するリスクを低減するにはまだ大きな課題がありますが、このビットコイン中心のソリューションの新しい波は、残りの10年間にBTCの価値を推進するのに役立つ門を開くかもしれません。そして、最も重要なことは、現在の先進的なDeFiソリューションを日常的なユーザーに提供することです。

ビットコインは最近の市場の混乱から免れておらず、主要な指数と相関することが多くなっていますが、だからといって必ずしもその有望な見通しを否定するものではありません。デフレ型のネットワークであるビットコインにとって、時間は最良の友であります。その間に、ビットコインの上に構築されているシステムは成長し続け、将来の金融システムの基礎を作る革命的な技術の基礎について学ぶ絶好の機会であるのです。


原文:https://www.ibtimes.com/long-term-bull-case-bitcoin-3565227 By ibtimes