2022年ブロックチェーンの技術が進み主流となる

2022年以降に向け、ブロックチェーン技術の主流となる成長と導入を加速させる3つのオンチェーンプロジェクトを紹介

2021年は暗号通貨とブロックチェーン技術にとって劇的な1年でした。時価総額3兆ドル超えから数千万ドルで販売されたNFT、中国による暗号通貨とマイニングの全面禁止、エルサルバドルによるBTCの法定通貨としての受け入れまで、極めて波乱に富んだ年であったことは誰もが認めるところでしょう。

専門家は、2022年はさらに良い年になると主張していますが、それは主にメインストリームへの導入に関連するものです。進化し続けるブロックチェーン技術はより多くの従来の企業が両手を広げて受け入れることで、現実の世界に浸透していくでしょう。その限りにおいて、韓国の電子機器大手サムスンはすでに、2022年向けのスマートテレビシリーズに、ユーザーがNFTを発見、購入、取引できる直感的なプラットフォームも搭載すると発表しています。

同様に、韓国の自動車会社である現代自動車は、2022年にBoston Dynamics社のスポットロボットをメタバースに導入し、「メタモビリティ」のビジョンを現実のものにする計画を最近示しました。これが成功すれば、現代自動車は現実世界と仮想世界をリンクさせ、ユーザーが両世界を自由に行き来できるようにする。

一方、ブロックチェーンプロジェクトでは、急成長するDeFi(分散型金融システム)とTradFi(従来の金融システム)のエコシステムを橋渡しする最先端の機能が実装されており、世界のユーザーに無数の新しい経済機会を生み出しています。さらに、Web 3.0(分散型ウェブ)とメタバースという考え方も大きな支持を得ています。このように、2022年は、伝統的な手段と未来的な技術の融合を先導する(そして促進する)有望なプロジェクトが目白押しとなるであろう。

そこで、2022年以降に向け、ブロックチェーン技術の主流となる成長と採用を加速させる3つのオンチェーンプロジェクトを紹介します。

オンチェーン機能を実世界のアプリケーションに導入する

データの管理と完全性はほとんどすべてのビジネスにとって最大の問題の2つです。従来のソリューションは、これらの問題にある程度までしか対処することができません。ブロックチェーン技術は、データ関連の問題を克服することができますが、ほとんどの企業ユーザーはその機能をよく理解していません。

AuthtrailはブロックチェーンベースのデータインテグリティSaaSプラットフォームと隣接するアプリケーションを提供することで、データに関する話題に介入しています。ブロックチェーン技術と企業ユーザーの橋渡しをするために設計されたAuthtrailは、誰もが重要なデータを企業規模で検証するために使用できるインフラストラクチャを提供します。このプラットフォームはB2BとB2Cの両方のビジネスで、不変性、セキュリティ、透明性、分散化といったブロックチェーン技術の基本機能を活用しながら、高速かつ安価な取引を可能にします。

 plug-and-play API は、企業が自社の製品(またはサービス)データが真実で有効であり、既存の標準に準拠していることを証明できるようにするほか、ユーザビリティの面で完全にアジャイル(Agile)でブロックチェーンにとらわれない特徴を維持しながら、すべての技術的な障壁を取り除きます。現在、Authtrailの製品群は、Oracle、Microsoft、Shopify、SAP、Salesforce、その他いくつかの主要なデータベースと互換性を持っています。簡単に言えば、Authtrailはシンプルなユーザーインターフェースを介してオンチェーン機能と実世界のアプリケーションとの間にシームレスなリンクを作成し、その結果、主流の採用に対する参入障壁を低くしています。

エルサルバドルでビットコイン(BTC)が法的地位を得て以来、多くの従来の企業が商品やサービスの対価として暗号通貨による支払いを受け入れるようになりました。同時に、BTCが従来の経済と徐々に融合していく中で、ユーザーもパッシブな利回り発生の機会を探し求めています。残念ながら、設計上、レガシーなビットコインネットワークは、イーサリアムや他のネットワークと同じレベルの相互運用性を提供しないため、DeFiや他のイニシアチブの範囲は限定されています。

ビットコインネットワークによって保護された初のスマートコントラクトプラットフォームであるRSKは、ビットコインネットワーク上に信頼性と透明性のあるDeFiプロトコルを実装するための扉を開きました。イーサリアムとビットコインネットワークの最高の機能を融合したRSKは、BTC保有者がそのプラットフォームを使って貸し借り、出資、利息を得ることを可能にし、同時に企業が暗号通貨による支払いを受け入れるのを助けるという重要な役割を担っているのです。

RSKを基盤とするクリプトン・マーケットは、エルサルバドルで700以上の商業店舗がBTC価格の商品やサービスを販売する原動力となっています。さらに、このプラットフォームは、金融プロトコル、複数のノンカストディアルウォレット、BTCユーザーをより大きなDeFiエコシステムに接続するDeFiソリューションなど、ユーザー向けの複数のRSKベースのソリューションも発表しています。

TradFiとDeFiの世界の架け橋を使命とするブロックチェーンベースのプロジェクトに、PolkadotのDeFiハブであるAcalaがあります。このプラットフォームは、Current、BlockDaemon、Bison Trailsといった著名なフィンテック企業と戦略的パートナーシップを結び、TradFiとDeFiの長所を組み合わせた新しい金融のカテゴリー、HyFi(ハイブリッドファイナンス)を確立し、経済の新しい地平線を切り開こうとしています。

注目すべきはAcalaがeコマース業界にも進出していることです。このプラットフォームは最近、eコマース・エンゲージメント・ソリューションを提供するProject Venkmanが、オンチェーン・ロイヤルティ・ポイントとNFTを使ったブランド・エンゲージメント・ソリューションのポートフォリオを立ち上げるために、Acalaのインフラを採用することを発表しています。この機能を最初に使用するブランドは、月間アクティブユーザー数が1000万人を超え、米国で最も急成長しているeコマース・プラットフォームの1つであるThe Chiveです。

2022年はブロックチェーンの可能性に注目する企業が徐々に増え、消費者行動のパラダイムシフトが起こることで、既存のソリューションと未来型テクノロジーが衝突するエコシステムの基盤ができ、企業と消費者に新しい機会をもたらすことでしょう。


原文:https://www.coinspeaker.com/mainstream-adoption-2022-blockchain/  By coinspeaker