ビットコインが4年ぶりにアップグレード – Taprootが大きな意味を持つ理由はここにある

Taprootはビットコインの既存のフレームワークに、プライバシー、セキュリティ、スケーラビリティの向上という3つの基本的な変化をもたらすことを目指しています。

  • ビットコイン(BTC)は2017年以来の最も重要なアップグレードを行います。
  • このアップグレードにより、ビットコインのネイティブアーキテクチャ内でスマートコントラクト機能が実現し、よりDeFiを中心としたユースケースが可能になります。
  • 本番稼働後、TaprootはBTCの取引をより安価にするだけでなく、支払いの処理をより簡単にします。

最近、ビットコインのTaprootアップグレードについて多くの記事が書かれています。しかし、現在インターネット上では、Taprootとその内容について多くの誤解が生じています。この記事では、この騒動が何を意味するのか、そしてそれがビットコインのエコシステムにとって何を意味するのかをわかりやすく説明します。

Taproot(タップルート)は、新しいアドレスタイプを採用することで、BTCの運用上のスケーラビリティ、プライバシー、スマートコントラクト機能を最大限に活用しようとするソフトフォークです。これにより、小額の支払いを横流しする場合も、大規模なマルチシグネチャTxを処理する場合も、すべてのビットコイン取引が互いに似通って見えるようになります。

さらに、Taprootアドレスを利用することで、デジタル資産に関する様々な消費条件が変更されるため、ビットコイン保有者は取引手数料を大幅に節約することが可能になります。また、取引サイズを小さくすることで、決済の均一性を高め、処理を容易にすることができます。

また、Taprootの実装はこれまで不可能だった通貨のdevフレームワーク内でのより大規模で複雑な操作を容易にするために設計されています。今回の開発の意義について、著名な暗号通貨取引所であるBybitの広報責任者であるIgneus Terrenus氏は、Finderに次のように述べています。

「Taproot BitcoinのGDPRモーメントは、トランザクションで収集されるデータ量を削減するだけでなく、データ量の削減は、コスト削減とブロックあたりのトランザクション数の増加につながり、スマートコントラクト展開への道を開きます。Taprootとライトニングネットワークを組み合わせることで、最も安全なブロックチェーン上で複合的なスケーラビリティを実現します。」

より専門的な事

BTCネットワークで保護されたスマートコントラクト対応のブロックチェーンであるRSKの共同設立者であるSergio Lerner氏は、今回のアップグレードがBTCのフレームワークにシュノア署名(Schnorr Signatures)を組み込んだものであることをFinderに語っています。その結果、取引の処理が必要になるたびに、署名者間のやり取りの回数を減らすことが可能になると付け加えています。

「現在、閾値スキームはすべての署名者の公開鍵を指定し、各支出を受け入れるために事前に定義された数の独立した署名を提供する必要がある単純な組み合わせロックであるマルチシグを使用して作成されています。対照的に、ネイティブな閾値署名は、署名者間の合意を1つの署名に圧縮することができるため、取引スペースや手数料を大幅に節約することができます。」

さらに、Taprootは、Lightning Networkチャネルのようなマルチパーティプロトコルが、協力的なケースで標準的な取引の特殊性を隠すことを可能にし、そのようなプロトコルのプライバシーを向上させることを強調しました。

Terrenus社は、Taprootの主な利点は、プライバシーの強化とトランザクションの圧縮の2つに集約されることを強調しています。どちらも、Schnorr署名方式への変更とECDSAアルゴリズムの廃止に関連しています。

パブリック・ブロックチェーン・インフラストラクチャ・プラットフォームであるOrbsのブロックチェーン・エキスパートであるDavid Dayag氏は、Taprootが提案した改善策は、MASTプロトコルとSchnorrアルゴリズムを使用することで、より安価でプライベートな取引を可能にするものだとFinderに語っていると付け加えました。

「この2つはトランザクションの署名を変更して、ネットワークスペースと計算労力の消費を少なくする一方で、複数の署名があるトランザクションを他のトランザクションと区別できないようにして、プライバシーの向上を可能にします。この予想される変化は、ビットコインの市場導入とスマートコントラクト・DAPPsの実装に間違いなく近づくでしょう。」

今後の見通し

Taprootは2017年にSegWitが導入されて以来、Bitcoinネットワークに実装された最大かつ重要なアップデートの1つです。そして、このアップグレードによってBTCにスマートコントラクト機能が導入されたことで、このフラッグシップ・クリプトがどのように多様化し、分散型金融(DeFi)の領域に進出していくのかが注目されます。

2020年から2021年の間に、この急成長している分野の中でロックされる価値の合計は、110億ドルから1,120億ドル以上に上昇しました。待望のアップグレードを果たしたBTCが、このニッチな市場セグメントにどのように溶け込んでいくのかが注目されます。


原文:https://www.finder.com/bitcoin-update-11-12-2021 By finder