RSKのスマートコントラクト機能と相互運用性により、ビットコインネットワークがDeFiの世界を広げる

はじめに

イーサリアムは、主にスマートコントラクト機能とトークン化機能により、暗号通貨として、また、無数の分散型アプリケーション(dApps)や分散型金融(DeFi)プロトコルをサポートするプラットフォームとして、大きな支持を得ました。

その結果、何百ものブロックチェーンやDeFiベースのプロジェクトがEthereumネットワークを使い始め、取引性の低下、一貫性のない膨らんだガスコスト、セキュリティ問題など、いくつかの問題が発生しました。例えば、イーサリアムチェーンは、そのチェーンでホストされている複数のdAppsの処理能力の問題に直面しています。また、DAO攻撃の被害にも遭い、スマートコントラクトに内在する潜在的なセキュリティの脆弱性が浮き彫りになりました。

このような逆風の中で、代替プラットフォームへの需要が高まり、ビットコインネットワーク上でのDeFiの必要性が高まっている面もあります。RSKは、このような逆風に対応するため、ビットコインにスマートコントラクト機能を導入し、レガシーネットワークの機能を拡張して、クロスチェーントランザクション、スループットの高速化、マージドマイニング、DeFiなどの新機能をサポートし、これらはすべてビットコインの実証済みのセキュリティに支えられています。

昨年、ビットコインは主流派の注目を集めました。そのきっかけとなったのは、エルサルバドルがビットコインを法定通貨として認めたことでした。南米の他の国々も、遅かれ早かれこれに追随する可能性が高くなっています。そのため、ビットコインネットワークは、Ethereumの覇権を握るDeFiに対抗できるソリューションを切実に必要としていました。

RSKのスケーリングソリューション、成長中の製品、開発者向けのツールにより、ビットコインネットワークは、ブロックチェーン間を行き来することなく、ユーザーに取引、借入、貸与、保有する暗号の利息を得るオプションを提供する本格的なエコシステムに生まれ変わります。

ビットコインネットワークに必要なスケーリングソリューション

RSKは、ビットコインネットワークの機能を大幅に拡張し、現実世界の多くのユースケースをサポートすることを可能にします。さらに、RSKのスマートコントラクトはビットコインネットワークの基本的なセキュリティと透明性に対するトップ企業や規制機関の信頼を得て、すでに様々なユースケースに採用されています。

例えば、アルゼンチンのガス規制機関であるEnargasは、RSKのスマートコントラクトを活用してデジタルアイデンティティを開発し、登録、設置、ガス配給のプロセスをエンドツーエンドで合理化するとともに、完全な透明性と業務効率を確保しています。同様に、コロンビアの大手銀行であるBanco Daviviendaは、RSKを利用してマイクロペイメントウォレットをサポートし、従来の金融システムよりも大幅に低い手数料でユーザー間の迅速かつ安全な銀行送金を実現しています。

これらに加えて、RSKスマートコントラクトはビットコインネットワーク上のMoney on Chain(MOC)、Sovryn、Kripton Marketなど、いくつかのDeFiアプリケーションを動かしています。RSKは最近、TVL(total value locked)で2,500BTCを超えるという重要なマイルストーンを達成しました。これにより、RSKはビットコインベースのスケーリングソリューションであるLightning NetworkのTVLを上回り、ビットコイン上のDeFiに対する飽くなき欲求を裏付ける結果となりました。

さらに掘り下げると、RSKのスマートコントラクトはノンファンジブルトークン(NFT)を動かすことができます。ブロックチェーンとオープンファイナンスのベンチャー企業であるNifty LabsはRSKブロックチェーンを活用して、マーケットプレイス・プラットフォーム・ソリューションを構築しています。RSKはEthereumよりも取引手数料が低く、コスト効率の良い媒体であることが証明されているため、NFTを安価に鋳造して取引するための有力な答えとして浮上しています。

RSKではDAIの保有者が自分の資産をRSKチェーン上のあるウォレットから別のウォレットに移す際に、通常のイーサリアムに比べて最小限の手数料で移すことができます。RSKではDAIのユーザーが自分のコインをRSKチェーンに移し、DAIと1対1の比率で固定されたファングブルトークンであるrDAIに変換することができます。こうすることで、資産は常にDAIにペッグされているにもかかわらず、RSKのブロックチェーン上に置かれ、ユーザーはより速い取引時間と低いガスコストを活用することができます。

RSKネットワークの特徴の一つはビットコインネットワークのサイドチェーンであり、ビットコインの電力を消費しないことです。さらに、RSKはビットコインネットワークと2wayペグで接続されており、シームレスなクロスチェーン取引が可能です。RSKは、ブロックチェーンのトリレンマである「スケーラビリティ」「分散化」「セキュリティ」のすべての分野に対応した数少ないブロックチェーンプロジェクトの1つとして注目されています。


原文:https://btcmanager.com/bitcoin-network-defi-rsk-smart-contract-functionality-interoperability/ By btcmanager