【速報】RIF Lumino, RSK & ビットコイン上で5000TPSを可能にした決済ネットワークが実装

RSKが新たな発表をしました。

RIF Lumino Networkとは?

ビットコインブロックチェーンの「サードレイヤー・ソリューション」であるRIF Lumino Networkは、RSK上の全てのトークンのステートチャンネルを可能にし、トランザクションのスループットを向上させ、コストを大幅に削減します。

ジブラルタル―2019年5月14日―RSK LabsのオーナーであるRIF Labsは、RSKインフラストラクチャ・フレームワーク(RIF OS)の一部である、RIF Lumino Networkの実装を発表しました。

ビットコインとブロックチェーンのスケーラビリティは、近頃の業界全体で議論されている、最も大きな問題の一つです。RSKネットワークはビットコインネットワーク上にスマートコントラクト機能を追加しオンチェーンスケーリングを改善しましたが、これまで世界中で使われている決済システムが提供するものと同様のトランザクション処理レベルを達成することができませんでした。これに加えて、ブロックチェーンに保存されたすべての記録は永久に保存される必要があるため、オンチェーンスケーリングはこれからさらに重要になっていきます。今後数年間で、数テラバイトものブロックチェーンを維持し、検証することはますます困難になってくるからです。

RIF決済プロトコルのコアであるRIF Lumino Networkは、長期的な持続可能性を犠牲にすることなく、さらなるスケーラビリティを提供します。RIF Luminoのオフチェーン決済のアプローチはLightning Networkがビットコイン上に実装したものと似ていますが、Luminoの場合ビットコインだけでなく、RSKネットワーク上の全てのトークンにもこれらの機能を実装することができます。ほぼ瞬時の支払処理と1セント以下の取引コストで、RIF Lumino Networkは未来の金融システムの基盤を築くでしょう。RIF Lumino Networkは、将来的にLightning Networkとの相互運用性、およびトークン同士の決済も提供するRIF決済プロトコルの必要不可欠な要素です。

RIF Lumino Networkは、以前発表されたRIFネームサービス (RNS)と統合されており、決済チャンネルを作成したり支払いを送ったりするときに、複雑な16進表記のアドレスの代わりにエイリアスを使用することができます。この技術で、暗号通貨技術を開発者以外の一般ユーザーにとっても利用しやすいものにすることによる、より広くネットワークを普及することができます。

RIF Lumino Networkの発表は、2018年11月にRIF OSが実装されて以来、2番目に重要な発表です。

RIF Lumino Networkについてもっと詳細を知りたい方は、こちらの技術概要をご覧ください。https://www.rifos.org/rif-lumino-network/

またRIF Labs (IOV Labsに改称予定)と傘下の企業についての詳細は、下記のリンクをご覧ください。

チームコメント

「RIF Lumino Networkの実装は、グローバルで包括的な金融システムを実現するための大きな一歩です。ブロックチェーン普及のソリューションは、従来の金融システムの恩恵を受けることができていない世界中の何十億もの人々にサービスを提供するためのカギなのです。」ーDiego Gutierrez Zaldivar氏, IOV Labs CEO

「RSK/RIFは長年にわたり、オンチェーンおよびオフチェーンスケーリングを研究してきました。RIF Lumino Networkの実装はスケーラブルなネットワーク・インフラストラクチャに向けての第一歩です。」ーSergio Lerner氏, IOV Labsの研究&イノベーション責任者

「私たちは、RIF Lumino Networkによって、RSK上に構築されたソリューションがオフチェーン状態のチャンネルからのサポートを受けることができることを、とても喜ばしく思っています。早く、安全で低コストのトランザクションが実現すれば、暗号通貨技術のユースケースが飛躍的に増えるでしょう。」ーGabriel Kurman氏、RIF Labsストラテジスト

IOV Labs 概要

RSK LabsのオーナーであるRIF Labsは、同社が開発したオープンソースであるRSKとRIF OSプロトコルとの差別化を図るため、ビットコインネットワークの機能を拡張し、「価値のインターネット」(Internet of Values)のビジョンにもう一歩近づく意味である、IOV Labsに改称する予定です。

RIF Labsの現在のチームメンバーと資産に変わりはなく、既存の目的であるブロックチェーンを基盤とした金融システムの構築を目指して、運営を続けていきます。世界規模の金融包摂、そして最新技術とその大衆普及を実現していきます。

ビットコインネットワークによって守られているRSKネットワークは、世界で最も安全なスマートコントラクト・プラットフォームです。

RSK上に構築されたRIF OSプロトコルは、今日のクレジットカード業界で利用されているものと同等の決済処理レベルを実現させることによって、ブロックチェーン・エコシステムの重要課題の一つであるスケーラビリティ問題を解決します。これらのプロトコルは、安全で低コスト、そしてスケーラビリティを併せ持つプラットフォームを求める開発者、ディスラプター、政府、そしてその他の企業に非常に効率的なdApps開発環境を提供します。RIF OSは更に、デジタルID、レピュテーションモデル、商業協定、およびグローバルでオープンな金融システムにおける取引を容易に作成管理するために必要な全てのツールを備えた環境を提供します。