BabelfishのクロスチェインステーブルコインプロトコルがRSKで始動

クロスチェーンのステーブルコインプロトコルであるBabelfishが、ビットコイン(BTC)のエコシステムで保護されたRSKネットワークの上で起動したことを発表しました。

DeFi業界はBabelfishのようなプロジェクトのおかげで繁栄し続けていることを示しています。同社はDeFiに従事するユーザーのフローと交換を促進し、リスクを軽減したいと考えています。さまざまなステーブルコインを展開しているおかげで、Babelfishはさまざまなプラットフォームやプロトコル(dApps)での暗号通貨ドルの使用を改善しています。

RSKネットワークの上にこの展開を行うことで、RSKにドルの流動性を呼び込みたいと考えています。彼らは、需要のある様々なステーブルコインとチェーンの間で1対1の交換を促進するでしょう。また、ユーザーはrBTCやFISHトークンで利息を得ることができます。

異なる発行者やブロックチェーンネットワークからの流動性を集約することで、BabelFishはRSKのエコシステムに展開された最大のステーブルコインとなりました。さらに、メタ・ステーブルコインのXUSDは、メインネットに導入されてから2ヶ月で、すでに1,000万ドルの入金に達しており、このデジタル通貨に対する大きな需要を示しています。

基本的に、ユーザーがステーブルコインを他のブロックチェーンネットワークで使用したい場合、Babelfishに簡単に貼り付けて、他のチェーンで使用できる兌換可能なステーブルコインを得ることができます。これがブリッジの簡単な仕組みです。

このステーブルコインをRSKで発行することを決定したのは、RSK DeFiエコシステム全体が経験した素晴らしい成長に関連しています。この新しい安定コインによって、Babelfishの目標は、ステーブルコインのゲートウェイとして働きながら、ネットワークでますます影響力のある役割を果たすことです。

RSKで最も人気のあるDeFiプロジェクトの1つであるSovrynのおかげで、Babelfishも成長してきたことは指摘しておきましょう。このプロジェクトはXUSDデジタル通貨をブリッジに統合し、ユーザーのUI/UXを簡素化した最初のプロジェクトです。これにより、このネットワークのユーザーにとってステーブルコインの流動性がより深くなったとも言えます。

「このプロトコルは、何千ものステーブルコインに成長の可能性を与え、現在のステーブルコイン市場の集中度に挑戦することで、間違いなく暗号通貨産業において重要な役割を果たすでしょう」と述べています。

ユーザーは、プロトコルに関連するさまざまな提案に投票することもできます。これにより、エコシステム全体がよりユーザーにフォーカスしたものになり、今後さらに拡大していくことが期待されます。


原文:https://usethebitcoin.com/babelfish-stablecoin-protocol-launches-on-rsk/ By usethebitcoin