NFT Genesisは次の億万長者のデジタルコレクションピースになるかもしれない

これまでNFTについて、そしてブロックチェーン技術によって人や企業の関わり方が変わることをお話してきました。しかし、将来的には数百万円の価値を持つ新しいコレクションピースが登場するかもしれません。RSKネットワークの上にあるNFT Genesisの話です。

NFT Genesisとは?

NFT Genesisは、ビットコインのサイドチェーン(今回はRSK)の上に作成された最初のNFTです。このユニークな作品はビットコインの誕生から10周年を記念して、Watafan社によって作られました。

そのため、ビットコインの正式な立ち上げから10年後の2019年1月3日に、RSKの上に最初のNFTをリリースしました。この節目にWatafanはビットコインの上にリリースされた最初のNFTであることで知られる、新しいコレクターズアイテムを作りました。

発行枚数は21枚で、そのすべてに記念画像が入っています。これらの画像はディズニー、Netflix、HBOなどの世界最大級の企業で15年以上の経験を積んだ著名なアーティスト、ジョセフ・ディアス氏が制作したものです。

NFT Genesisはユニークな色を使い、スーパーヒーローのように輝くサトシ・ナカモトをデザインしました。世界最大の暗号通貨が誕生して10周年を迎えたことを記念して作られました。

RSKの取り組み

それを可能にするためにRSKは非常に重要な役割を果たしています。RSKはビットコインのマイナーがビットコインネットワークを守るだけでなく、ビットコインのサイドチェーンとして機能するRSKブロックチェーンも守る「ツーウェイペグ」を採用しているため、世界で最も安全なスマートコントラクトプラットフォームとして誕生しました。

これにより、Bitcoinネットワークのセキュリティ面を活用した独自のソリューションやプロジェクトをRSK上でリリースすることが可能になりました。さらに、Ethereum(ETH)との互換性があるため、企業やプロジェクト、開発者は新しいプログラミング言語を学ぶことなく、RSK上でスマートコントラクトを展開することができます。

ノンファンジブルトークン業界の拡大のおかげで、RSKはBitcoinの上でNFTをリリースするための選ばれたネットワークとなり、これが、WatafanがRSKを使ってビットコインのサイドチェーン上に最初のNFTを作ることを決めた理由です。さらに、NFTの保有者が互いに交流する方法を変えることになるユニークなソリューションがあります。

NFT Genesisは次のミリオネアコレクションピースになり得るか?

ここ数年、NFTがいかに拡大し、世界中の投資家の注目を集めてきたかを見てきました。ツイート、ペンギン、パンク、その他多くのNFTが非常に高い価格で販売されています。

さて、問題は「NFT Genesis」が将来的に高額査定になるかどうかです。NFT Genesisは、これまで一度も売りに出されたことがありません。それは何を意味するのでしょうか?それは、それを作ったオーナーがそのまま所有しているということです。


原文:https://usethebitcoin.com/nft-genesis-could-become-a-digital-collection/ By usethebitcoin