RSKコミュニティのためのマルチシグウォレット作成ソリューション

RSKコミュニティは現在、メンバーが安全で簡単な暗号通貨ウォレットを作成できる新しいサービスを提供しています。これには、資金を送るために追加のセキュリティ手順が必要です。RIF SavingsとVaultを構成されるRIF Multisigは、RSKコミュニティが必要とするソリューションを作成するためのより高度なサービスを提供できるように役立ちます。

RIFマルチシグソリューション

RIF マルチシグソリューションでは、金庫の開錠・解錠に使用できる鍵の数をコミュニティで選択できるようになります。これは閾値と呼ばれるもので、RSKネットワーク上で共通の資金を使って活動している企業やプロジェクトにとって有用なものとなるでしょう。

現在、企業や開発者はGnosis Safeを使用して、RSKとEthereum(ETH)の両ネットワーク上でマルチシグネチャウォレットを作成・管理しています。このソリューションでは、ユーザーはスマートコントラクト、バックエンド、ウェブアプリケーションを利用することができます。このようにして、異なるブロックチェーンネットワーク上で異なるマルチシグウォレットを作成し、取り扱うことが可能です。

一方、RIF Savings and Vault SolutionのMVPは、Gnosis SDKと連携し、RSKの開発者が多数のマルチシグネチャーウォレットを扱うことを可能にします。それに加えて、開発者は安全で直感的なユーザエクスペリエンスを得て、プロセス全体をずっと簡単にすることができます。

基本的にはこの新しいソリューションにより、開発者はGnosisスマートコントラクトをRSKネットワーク上に展開し、現在Gnosis Safe SDKでサポートされていない必要な機能を追加することができるようになります。

さらにマルチ・シグネチャー・ウォレットの作成から運用までのプロセスをドキュメント化します。最後に、ユーザーエクスペリエンス全体を理解できるようなサンプルアプリの作成も可能にします。

追加機能と利点

この新しい実装には、他にも機能性や利点があることを考慮に入れる価値があります。ユーザーは、マルチシグネチャウォレットを作成し、所有者や閾値を選択できるだけでなく、RBTC(ガス)を受け取ったり、ERC-20トークン(RIFなど)を受け取ったり、保留中の取引を拒否したり、さらにはマルチシグネチャウォレットを削除してその資金を引き出したりすることもできるようになるでしょう。

このRIFT マルチソリューションは、他のエンドユーザーのソリューションにも統合することができます。ブローカー、開発者、暗号通貨取引所はシングルサイン・ストレージと比較して、この新しいソリューションのメリットを享受することができます。暗号通貨市場においてセキュリティは間違いなく重要であり、マルチシグ・ウォレットは業界全体の安全性を高める上で重要な役割を果たしていることは間違いありません。

さらに、これはRSKおよびビットコイン分散型金融(DeFi)エコシステム全体のために作成された、初めてのマルチシグ暗号ストレージソリューションです。この新しいソリューションのおかげで、プラットフォームはユーザーに対してより良いサービスとセキュリティの提供を開始することができます。


原文:https://usethebitcoin.com/rif-multisig-a-solution-create-multisig-wallets/ By usethebitcoin