BTCで保護されたRSKが分散型シェアリングエコノミーを発表

イーサリアムのDeFiインフラが急成長する中、RSKスマートコントラクトブロックチェーンはビットコインネットワーク上で、より速く、より簡単に、よりスケーラブルなdAppsの開発を可能にしています。

RSKはビットコインネットワーク上の主要なL2プラットフォームとしての地位を確立しています。

暗号通貨の価値が急速に上昇したことで投機が横行し、何百ものDeFiアプリケーションがブロックチェーンネットワークに溢れています。現在、EthereumがDeFiの主なシェアを占めているかもしれないが、RSKのようなBTCネットワークベースのスマートコントラクトは現在、Bitcoinネットワーク上でのDeFiの需要の高まりを促進しています。

2018年1月に立ち上げられたRSKは、ビットコインネットワークで保護された最初のスマートコントラクトプラットフォームです。このプラットフォームは最近、2021年4月に72%のハッシュパワーを達成し、ビットコインネットワーク上の最高のLayer-2プラットフォームの1つとしての地位を確立しました。

ビットコインとイーサリアムの優れた点を一つのプラットフォームに統合したRSKネットワークは最近、新たなマイルストーンを達成し、ビットコインベースのLighting NetworkをTVL(total value locked)で上回りました。RSKは1,445BTCのTVL、259,000以上のスマートコントラクト取引、50,000以上のアクティブユーザーを達成しており、RSKのtotal value locked (TVL)の例外的な成長は、BTCネットワーク上のDeFiに対する需要の急増を浮き彫りにしています。

RSKスマートコントラクトネットワークが急成長した背景には、セキュリティと安定性という2つの重要な触媒があります。RSKネットワークは、Bitcoinネットワークの約40%のコンピューティングパワーでカバーされており、Bitcoinと同じハッシュメカニズムを使用しているため、最も安全な分散型ネットワークの一つとなっています。その上、RSKはEthereumブロックチェーンと同様に、SolidityスマートコントラクトとAPIをネイティブにサポートしているため、開発者にとっては親和性が高く、既存のdAppsをネットワークに移植しやすくなっています。

RSKのインフラは完全な相互運用性を備えており、ERC-20トークンをETHからビットコインを搭載したRSKのスマートコントラクトにシームレスに移動させることができます。さらに、最近ではDAIのサポートも統合され、dAppsがEthereumネットワークに接続し、そのネットワーク効果と流動性を活用しながら、RSKの巨大なスケーラビリティと低コストの恩恵を受けることができるようになったのです。

ビットコインが実社会で広く受け入れられるようになるにつれ、いくつかの国ではビットコインの規制や法定通貨としての採用に向けた大きな一歩を踏み出しています。エルサルバドルがビットコインを法定通貨として分類した最初の国となったことで、より多くの国がデジタル資産の経済へのメリットを検討しています。これは、ビットコインネットワーク上のDeFiの需要が、その使用率の上昇に伴って多様に増加する可能性があることを意味します。

RSKの一連のプロトコルは、分散型ブロックチェーンネットワークの採用を妨げる多くの障害を克服しました。RSKは、ビットコインネットワーク上で最高のスマートコントラクトプラットフォームの1つとして位置づけられることで、セキュリティ、安定性、相互運用性、手頃な取引手数料を求める開発者にとって最も好ましい選択肢の1つとなっています。

さらに、RSKはDECOR+コンセンサスを採用しており、BTCやその他の共有ブロックチェーンとのマージマイニングが可能です。マージマイニングとは、同じハードウェアを使って、2つ以上のブロックチェーンを同時にマイニングすることです。ビットコインの価値が高騰する中、RSKはエルサルバドルのような国が、貿易を円滑にするために他国の通貨への依存度を下げ、不均衡を解消するというビジョンを実現するために、新たな収入源を生み出す可能性を秘めています。


原文:https://cryptodaily.co.uk/2021/07/BTC-Secured-RSK-Unveils-Decentralized-Sharing-Economies By cryptodaily
免責事項:本記事は情報提供のみを目的としています。法律、税務、投資、財務、その他のアドバイスとして提供されるものではなく、またそのような利用を意図したものでもありません。