RSKの創業者がCrypto Hall of Fameに選出

  • RSKの共同創業者であるDiego Gutiérrez Zaldívar氏がCrypto Hall of Fameに選出されました。
  • Diego Gutiérrez Zaldívar氏は、他の5人の候補者と競って名誉を獲得しました。
  • 殿堂入りは、マイアミで開催されたBitcoin 2021カンファレンスで発表されました

RSKの共同創業者であるDiego Gutiérrez Zaldívar氏が、Crypto Hall of Fameに殿堂入りしました。この発表は、先日マイアミで開催されたカンファレンス「Bitcoin 2021」で行われました。

Diego Gutiérrez Zaldívar氏は、サトシ・ナカモト、Nick Szabo氏、David Chaum氏といった暗号通貨の偉人たちの仲間入りができたことに感激しています。また、Diego Gutiérrez Zaldívar氏は次のように付け加えました。

これは個人的な評価というよりも、ラテンアメリカでBitcoinとcryptoのムーブメントを築いた素晴らしい先駆者たち、中でもRSKの共同設立者たちに対する評価だと思います。RSKの設立を始めたとき、私たちはBitcoinを少数ではなく多数の人々のための本格的な金融システムに変え、より包括的で公正な世界経済を実現するというビジョンを持っていました。今、私たちはそのビジョンの実現に向けて、これまで以上に近づいています。

RSKは、ビットコイン上で構築された最初のスマートコントラクトプラットフォームであり、主要なブロックチェーンをプログラム可能にしました。Diego Gutiérrez Zaldívar氏は、Sergio Lerner氏、Rueben Altman氏、Adrian Eidelman氏、Gabriel Kurman氏と共同でRSKを設立しました。

それ以来、RSKは7738枚以上のコイン、474の取引所、17億1,077万7,957,485ドルのマーケットキャップを持つエコシステムに成長しました。また、RSKはビットコインで39.9%、イーサリアムで18.4%の占有率を持っています。

Crypto Hall of Fame委員会は、数回の投票と審議を経てこの決定を下しました。他の候補者としては、Mycelium社のCEOであるAlexander Kuzmin氏、BitTorrent社およびChia社のクリエイターであるBram Cohen氏、BitInstant社およびUntold Stories社の共同設立者であるCharlie Shrem氏、Shapeshift社、Coinapult社およびSatoshi Dice社の共同設立者であるErik Voorhees氏、Merkle Tree社のクリエイターであるRalph Merkle氏などが挙げられます。

注目すべきは、Diego Gutiérrez Zaldívar氏とRalph Merkle氏が最終選考に残ったことです。しかし、Diego Gutiérrez Zaldívar氏が勝利し、12人目のCrypto Hall of Fameに選出されました。


原文:https://www.investing.com/news/cryptocurrency-news/rsk-founder-inducted-into-crypto-hall-of-fame-2524356 By investing