Liqualityが新たに1クリック・ペイ機能を追加し、ビットコインのDeFi化を目指す

このウォレットの新機能は、ビットコインユーザーにより多くの分散型金融オプションを提供するためにRSKを統合した直後のことです。

アトミックスワップを採用した新しいウォレット「Liquality」は、ユーザーがアドレスやQRコードを管理することなく、オンラインの暗号通貨販売者でビットコインやその他のコインを使用できる機能をリリースしたばかりです。

LiqualityはMetamaskのようなブラウザ拡張ウォレットですが、イーサリアムとそのトークンのみをサポートする代わりに、Liqualityはビットコイン、イーサリアム、DAIUSDTUSDC、UNIなどのステーブルコイン、そして現在はRSKネットワークの「ビットコインDeFi」トークンを保持することができます。

ConsenSys社が支援するこのウォレットは、昨年秋に発売され、「オンチェーン・アトミック・スワップ 」と呼ばれる前からある技術のおかげで、ユーザーはウォレット内のコインを交換することができます。このスワップは、複雑な暗号化技術を使用して、ユーザーが自分の情報を相手に放棄することなく、異なるブロックチェーンの資産を2つ以上の当事者間で取引するものです。

Liqualityの場合、ユーザーはウォレット上でビットコインとイーサリアム(またはUSDCなどのステーブルコイン)の間で取引ができるということです。

ウォレットのマーケティングディレクターであるアレックス・ミンは、CoinDeskの取材に対し、「私たちの目標は常に、人々に安全で簡単なツールを提供し、この新しいデジタル経済に貢献することです。」とコメントしています。

Liqualityは、暗号通貨ウォレットのUXを簡素化したいと考えています。

今回のアップデートにより、人気の高いビットコイン対応ギフトカードベンダー「Bitrefill」や決済ポータル「OpenNode」などでも「ワンクリック」での取引が可能になりました。これらのサービスを利用してチェックアウトする際、ウォレットは自動的にユーザーの受け取りアドレスを取得します。

ワンクリックペイ機能は、ビットコイン用のURIスキームが統合されているあらゆるウォレットで動作すると、ミン氏はCoinDeskに語っています。これには、人気の高いオープンソースのプロセッサーであるBTCPay Serverも含まれます。

「今度のリリースは、ユーザー、マーチャント、アプリ開発者(彼らのほとんどはまだオンチェーンで取引をしています)のブラウザ内ビットコイン体験を向上させるだけでなく、使いやすく開発しやすいブラウザ内ホットウォレットによって、まだ始まったばかりのビットコインウェブアプリのエコシステムの成長にも貢献すると信じています」とミン氏は述べています。

Liqualityは現在、このウォレットのスワップのカウンターパーティーとして機能しています。ミン氏はCoinDeskに対し、このウォレットは3月に毎週4,000人のアクティブユーザーから400万ドルのスワップボリュームを処理したと語っています。

Liqualityが将来的にLightning Networkのサポートを追加するかどうかを尋ねたところ、ミン氏は、ウォレットのロードマップの上位にはないと答えました。

Liqualityは最近、Lightningの代わりに、IOV Labsが構築したビットコインのサイドチェーンであるRSKと統合し、RSK上に構築された分散型融資市場「Sovryn」で使用できるドルペッグコイン「DOC(Dollar on Chain) crypto dollar」をサポートしています。

これらのネットワークは、特別なトレードオフやトリックを用いて、ビットコインの主要ネットワークよりも安価で高速な取引を提供しています。Lightningは、ビットコインの上に構築された技術スタックで、信頼性が高く、非保管型です。一方、RSKは、信頼できるカウンターパーティの連合体によって運営される独立したネットワークです。


原文:https://www.coindesk.com/liquality-crypto-wallet-1-click-pay-bitcoin-defi By coindesk