RSKSwap:自動化された流動性プロトコル

先日、開発者エコシステムから発表されたRSKSwap DEX。

RSkSwapは、トークンの価格を設定するために数式に依存する自動化されたマーケットメーカーです。これにより、ユーザーは0.3%の手数料を徴収してERC20トークンを即座にスワップすることができます。この手数料は流動性提供者(Uniswapでトークンをロックして収益を得ているユーザー)に支払われます。

RSKの発表に記載
「どんなERC20トークンでもRSkSwapに上場できます。許可は必要ありません。各トークンは独自のスマートコントラクトと流動性プールを持っています。ない場合は簡単に作成することができます。トークンが独自の取引所スマートコントラクトと流動性プールを持っていれば、0.3%の流動性提供者手数料を得ながら、誰でもトークンを取引したり、流動性プールに貢献したりすることができます。」

プールトークンは資金がプールに入金されるたびに作成され、ERC20トークンとして、プールトークンは自由に交換、移動、他のdappsで使用がks能です。資金が回収されると、プールトークンは燃やされるか破壊されます。各プールトークンは、プールの総資産とプールの0.3%の取引手数料のユーザーの取り分を表しています。

流動性の提供者は取引の手数料で報酬を得ています。ユーザーが基礎となる流動性プールに貢献するようインセンティブを与え、統一された使いやすいトークンスワッププロトコルを提供することで、RSKSwapは分散型取引所に重要な後押しとなる可能性があります。

中央集権型の暗号通貨取引所はエンドユーザーに多くの有用な機能を提供していますが、DEXEは2020年の間に指数関数的な成長を見ています。


原文:https://cryptoslate.com/automated-liquidity-protocol-on-rsk-rskswap-is-here/ By cryptoslate