ファンジブルトークンvsノンファンジブルトークンの違いとは?

今日は、ファンジブルトークン対ノンファンジブルトークン、別名NFTs、別名ニフティについて見ていきましょう。彼らはcryptokitties – 仮想猫のコレクターゲームの突然の人気で主流になりました。EthereumベースのERC-721は市場で最も人気のあるNFTのままですが、RSKのように、独自のコレクタブルトークンを生産しているいくつかのプロジェクトがあります。そこで、本題に入る前に、いくつかのバックグラウンドリサーチをしてみましょう

トークンとは何か?

実際の生活の中では、トークンは、事実、品質、感情などの目に見えるまたは有形の表現として機能するものです。

  • あなたの会社のIDカードは、企業があなたを合法的に雇用していることを示しています。
  • 運転免許証は、あなたがあなたの国で運転に必要な訓練を受けたことを示すものです。
  • あなたのホテルのキーカードは、あなたが宿泊する部屋のためにホテルに支払ったことを示しています

同様に、クリプトオーバーシーズでは、トークンはその特定のエコシステムにおける「何か」を表すものです。それは、価値、ステーク、議決権、または何でもあり得ます。トークンは特定の役割に限定されるものではなく、その固有のエコシステムにおいて多くの役割を果たすことができます。トークンは企業が持っている資産やユーティリティを表しており、通常は公開販売の際に投資家に提供されます。

トークンの役割

トークンとは、その特定のエコシステムにおける何かを表すものです。それは価値であったり、ステークであったり、議決権であったり、何であってもよいのです。トークンは特定の役割に限定されるものではなく、その固有のエコシステムの中で多くの機能を果たすことができます。

  • トークンはDappへのゲートウェイとして機能します。基本的にDappにアクセスするには、トークンを保持する必要があります。
  • 投票権:トークンは保有者に特定の投票権を与えることができます。EOS を考えてみてください。EOS トークンを持っていると、ブロックの生産者に投票することができます。
  • 価値交換:これは、エコシステム内でのトークンのより伝統的な役割の一つです。トークンは、アプリケーション内での内部経済システムの構築に役立ちます。
  • ユーザーエクスペリエンスの向上:トークンを使用すると、保有者が特定の環境の中でユーザー体験を豊かにすることを可能にすることができます。例えば、Brave(ウェブブラウザ)では、BAT(Braveで使用されるトークン)の保有者は、トークンを使用してBraveプラットフォーム上で広告やその他の注目度の高いサービスを追加することで、顧客体験を豊かにする権利を得ることができます。
  • 通貨として:与えられたエコシステムの内外で取引を行うための価値の貯蔵庫として使用することができます。
  • 固有の何かを所有すること:ノンファンジブルトークンは、その特定のユーザーにとってユニークな何かを表すことができます。例:Cryptokitties。

ファンジブルトークンvsノンファンジブルトークン

さてさて、我々はトークンがどのように動作するかについてのいくつかの情報を得ています。ここでは、ファンジブルトークンとノンファンジブルトークンの違いを見てみましょう。
Investopediaによると「ファンジブルとは、同じ種類の他の個々の商品や資産との互換性のことである」
例を挙げるので理解を深めましょう。
あなたが友人から100ドルの紙幣を借りたとします。彼女に返すためには、本当に全く同じ紙幣で返す必要があるのでしょうか?
それは必要ありません。

1枚の100ドル紙幣でお返しすることができますが、実際には、50ドル紙幣を2枚、あるいは10ドル紙幣を10枚渡すことができます。ドル(または一般的に紙幣)は、大体の部分でファンジブルなので、それは大丈夫でしょう。

さて、あなたが友人の車を借りたとしましょう。彼女はあなたが他の車を返しても大丈夫でしょうか?彼女の車を分解して、エンジン、ホイール、ドアなどを返したらどうでしょうか?彼女があなたに対して怒らないならば、あなたはラッキーでしょう!
ここで何が起きたのでしょうか?
車はコレクターズアイテムとして見られているので、それがノンファンジブルである理由です。

これが、「ファンジブル」と「ノンファンジブル」の根本的な違いです。
通貨はそのファンジブル性によって価値を高めます。特定の通貨が広く認知され、受け入れられていればいるほど、より多くの人がその通貨を使用することになり、その価値はより高くなります。そのため、もし支払いがトークンの主な用途の一つであるならば、そのトークンに互換性があるかどうかを確認する必要があります。
トークンがコレクタブルであり、そのユニークさからその価値を得る場合には、ノンファンジブルは望ましい資産となります。

Ethereumトークンの規格:ERC-20とERC-721の比較

健全なエコシステムを作るためには、Ethereumの上に構築されたDappsがシームレスに相互作用できることが不可欠です。しかし、例えばトークンアルファとトークンベータという2つのトークンがあり、その両方が異なるスマートコントラクト構造を持っているとどうなるでしょうか?

2つのトークンが相互に作用するためには、開発者は両方のコントラクトを慎重に検討し、これらのトークンがどのように相互に作用するかを正確にマップする必要があります。
これはスケーラビリティの面では良くないですよね?

100種類のトークンがあって100種類のコントラクトがあるとしたら、これらのトークン間で確実に送金ができるようにするために必要な資格や条件をすべて絞り込むには、膨大な量の複雑な計算が必要になります。これは全く理想的なシナリオではありません。
このため、トークンの基礎となるアーキテクチャを管理するルールを標準化することが決定されました。これらのルールのセットは「ERC-20」と呼ばれています。ERC」は「Ethereum Request for Comment」の略で、このリクエストには「20」という数字が割り当てられています。

ERC20の基礎となっているものを見てみましょう。

  • 総供給量
  • バランス
  • 送信
  • 送信元
  • 承認
  • 報酬

さて、これらはERC-20トークンが義務的に持たなければならないルールと機能です。しかし、以下の3つの任意の特性を持つこともできます。

  • トークン名
  • シンボル
  • 小数点桁数(最大18桁)

これらの規則は、ERC-20、ファンジブルトークンの規格を定義しています。

ファンジブルトークンの特性

  • 同じタイプの別のトークンが、1 つのトークンを置き換えることができます。
  • トークンを支配する基本的なルールは同じである。
  • ファンジブルトークンは分割可能であり、より大きな金額を返済するために、様々な小さな端数を使用することができます。例えば、1BTCを0.50BTC、0.30BTC、0.20BTCで返済することができます。

ERC-721 – ノンファンジブルトークンの規格

ERC-721トークン規格は、ノンファンジブルトークンの作成に役立ちます。多くの点で、機能的にはERC-20とよく似ています。この類似性は2つの理由から存在します。
ERC-721のインターフェースには、2 つの方法があります。

  • ownerOf: トークンの所有者を取得します。
  • transferFrom: トークンの所有権を移転する

ERC-721の機能

ERC-721規格では、名前、シンボル、総供給量、balanceOf、ownerOf、認証、takeOwnership、送信、tokenOfOwnerByIndex、tokenMetadata という関数を定義しています。また、2つのイベントについても記述しています。Transfer と approve です。
個々の機能の議論に入る前に、ERC-721機能のトークン所有とトークン作成の意味を知っておく必要があります。

トークンの所有権

ERC-20トークンを購入すると、所有権はスマートコントラクトに書かれます。スマートコントラクトには、取引後に各アドレスがどれだけのトークンを持つか…というデータも書かれています。何が言いたいかというと、これらのコントラクトはファンジブルなので、特定のトークンを気にする必要がないということです。

しかし、ERC-721トークンの価値は、そのノンファンジブルトークンのため、別のERC-721トークンの価値と同じではありません。アドレスと残高をコントラクトに追加するだけでは十分ではなく、トークンの固有の所有者情報も追加する必要があります。

イベント

イベントはコントラクトで呼び出されると消され、どのリスニングプログラムにも共有されます。
コントラクト外のプログラムは、実行時にコードを実行できるようにイベントを確認します。ERC-721規格では2つのイベントを扱います。

  • Transfer()
  • Approval()

#1 Transfer

トークンの持主が変わるたびに、このイベントは開始されます。トークンの所有権がある人から別の人に移るたびに、このイベントは開始されます。詳細は以下の通りです。

  • トークンを送信したのはどのアカウントか?
  • どの口座がトークンを受け取ったか?
  • どの口座にトークンが転送されたか?

#2 Approval

この 2 つ目のイベントは、ユーザーが他のユーザーに特定のトークンの所有権の譲渡を許可した場合に発生します。このイベントでは、現在どのアカウントがトークンを所有しているか、また今後どのアカウントがトークンを所有する許可を得ようとしているかが詳細に表示されます。また、トークンIDをチェックして、どのトークンが所有権の移転を許可されているかを判断します。

その他のノンファンジブルトークン規格

#1 ERC-1155
ERC-1155は、Enjinチームが普及させたもう一つのノンファンジブルトークン規格です。ここで定義されているIDは単一の資産を表すものではなく、資産のクラスを表すものです。つまり、”トランプ “を収集可能なものにしたいのであれば、”トランプ “を表すIDを持つことができます。財布には50枚入っていてもおかしくありません。

ERC-1155がERC-721よりも優れている点は、ユーザーがスマートコントラクトの状態を変更することで、これらの50枚のカードを転送しなければならないことです。しかし、ERC-1155の欠点はトレーサビリティが失われることです。

#2 ERC-998
ERC-998のようなコンポーザブルは、NFTがノンファンジブルトークンとファンジブルの両方を所有できるテンプレートを提供しています。

ノンファンジブルトークンの長所と短所

長所

  • ERC-721規格は、すべての重要な資産を完全な不変性とセキュリティを備えたパブリックまたはハイブリッドブロックチェーン上でトークン化することができる方法である可能性があります。
  • ノンファンジブルトークンは、その間にほとんどの人が利用できるよりもはるかに多くのリソースを使用して設計することができます。ユーザーはこれを行うことができ、アセットのメタデータに余分なコンテキストや情報を追加することができます。

短所

  • ERC-721トークン規格は、まだ比較的新しい規格です。
  • ファンジブルトークンはある程度までは分割可能です。ERC-721は単純に分割することができず、丸ごと売買する必要があります。

前述したように、いくつかのプロジェクトがNFTトークンの発行を開始しています。そのうちの一つがRSKです。

RSKとは?

Rootstock(RSK)は、サイドチェーン技術でビットコインブロックチェーンに接続されたスマートコントラクトプラットフォームです。ルートストックは、Ethereumのアプリケーション(web3/EVM/Solidityモデル)と互換性を持たせるために生まれました。RSKの誕生の背景にあるアイデアは、ビットコインブロックチェーンにスマートコントラクトの機能を与えることでした。その中核にあるのが、Rootstockの組み合わせです。

ノンファンジブルトークンのユースケース

Watafanとのパートナーシップは、RSKのノンファンジブルトークンの分野での進歩を完璧に表現しています。

Watafanは、著名人が自分のデジタルトレーディングカード、通称ワタカードを作ることができるようになります。

  • セレブリティは、ワタカードをプレゼントやサインとしてファンに贈ることができます。
  • 彼らは個人の財布を使って、これらのカードに暗号的にサインをすることができます。
  • スマートコントラクトはアイドルの知的財産を保護する。
  • 毎回、ファン同士が二次市場でワタカードを取引する。該当する芸能人は株の一部を受け取ることになります。
  • Watafanはスマートコントラクトを活用することで、デジタル資産を次のレベルに押し上げることを目指しています。WatafanのアイドルはRSKのスマートコントラクトを利用して著作権とデジタルアイデンティティを確保することができます。
  • 長期的には、ワタカードはアーティスト、アスリート、ミュージシャン、俳優などの知的著作権の保護に役立つ新しい種類の資産としての地位を確立することになるだろう。

RSKのNFTを作るには?
このページでは、RSKのネットワーク上で独自のトークンを作成するためのステップ・バイ・ステップで手順を紹介しています。
手順:https://developers.rsk.co/tutorials/tokens/create-a-collectable-token/
動画:https://www.youtube.com/watch?v=ThA8rkw-nTY


原文:https://blockgeeks.com/guides/fungible-vs-non-fungible-tokens-what-is-the-difference/ By blockgeeks