Bitcoin Defiとは?

はじめに

分散型金融(Defi)は、ブロックチェーンベースのプロトコルとアプリケーションスイートは、誰にでも開かれた金融ツールを提供します。Defiは、貸し出し、借り入れ、取引、合成金融商品など、確立された金融システムに共通するサービスをオンチェーンで再現します。従来型の金融と暗号通貨の金融の2つの領域の違いは、Defiアプリケーションをサポートするアーキテクチャ(中央データベースではなく分散型台帳)に起因しているというよりも参加できる当事者に起因しています。

Defiのアプリケーションはその性質上、オープンソースであり、誰でも使う事ができます。誰でも許可なしに分散型金融エコシステムに参加することができます。これは、地理的条件、社会的地位、信用力、および個人へのアクセスを拒否し、いつでも任意に変更または削除できるその他の指標に基づいてインクルージョンが行われる、金融の旧世界との顕著な違いです。

これまでのdefiの開発の多くはこの目的に合わせたdApps、融資プラットフォーム、ステーブルコイン発行プロトコルのホストをしているEthereumを中心に展開されてきました。しかし、多くの点でビットコインは流動性、世界的な普及、セキュリティ保証を誇り、defiに適したブロックチェーンエコシステムです。DefiはEthereumでその名を得たかもしれませんが、現在はそのネットワークを超越してBitcoinに重点を置き、BTCのdefi機能を活用するために多くのスマートコントラクトプラットフォームやプロトコルが開発されています。この記事ではこれらの製品のいくつかと、それらが開発者やエンドユーザーに提供するものを見ていきます。

Bitcoin Defiのケース

Defiは単一のブロックチェーンには属せず、実際Defiのエートスは、製品を単一のエコシステムやサイロ化されたデータベースに制限する金融上の制約から解放されています。コンポーザビリティ(構成可能性)とは、レゴブロックのように組み合わせて新しい金融アプリケーションを作成するためのdefiコンポーネントを作成するというコンセプトで、Defiの原則の重要な考え方です。したがって、世界最大の分散コンピューティングネットワークであるビットコインをDefi運動の中心に据えたいと考えるのは、Defi開発者にとって理にかなっています。

ビットコインで急成長を遂げているDefi分野での作業の多くは、RSKによって行われてきました。ビットコインを中心とした最初のスマートコントラクトプラットフォームであり、それを利用しているRSKはdefiアプリケーションを作成しようとしている開発者にツールを提供しています。これらには以下が含まれます。

  • 分散ストレージ、決済、オラクル、ネーミングサービスはRIFが提供しています。
  • RSKでEthereumの能力をミラーリングしたスマートコントラクト開発
  • Ethereumとそのdefi dAppsとの連携トークンブリッジ

RSKのスマートコントラクト・インフラストラクチャは、Defiウォレット、取引所、ステーブルコイン、貸し出しや借り入れのプラットフォームなどを作成するために展開することができます。なぜこれらすべてをビットコインで構築するのでしょうか?1つには、BTCはクリプトエコノミーの中で最も価値がある暗号通貨であり、また、最も多くの人が所有している資産です。しかし、このビットコインをロックすることは、所有者に利回りを提供することにはなりません。Defiは貸し出しと流動性の提供を通じて、この資本を活用し、保有者にBTCのリターンを得るチャンスを与える可能性を秘めています。

RSKのdefiフレームワークを使用して、ビットコインホルダーは以下の事が可能です。

  • BTCの利息を得ることができます。
  • ステーブルコインを借りることで、売却をすることなくBTCの価値をロック解除することができます。
  • より多くを得るために彼らのBTCとのレバレッジ取引
  • 他のトークンを獲得するためにBTCを使う

Defiはチーム戦

コラボレーションが分散型金融を支える他のどの暗号通貨業界よりも、DefiはDefiプロジェクト間のコラボレーション、パートナーシップ、統合の精神に特徴としています。同じことがビットコインのdefi分野にも当てはまります。RSKは多くの分散型金融イノベーションの基盤となっていますが、それは孤立した状態で作られているわけではありません。例えば、最初のビットコインを担保にしたステーブルコインは、もちろんRSKプラットフォーム上に構築されたMoney On Chainの提供によるものです。BTCベースのステーブルコインのような消費者向けのアプリケーションを作ることで、ユーザーはDefiエコノミーに積極的に参加することができます。

RSKは、Bitcoin Defiが繁栄するためのフレームワークを作成し、効率的なエスクローから分散型証拠金取引、予測市場、安全なメッセージングや保険に至るまで現実世界の問題を解決するアプリケーションを作成するために、これらのツールを活用するのはサードパーティの開発者にかかっています。

Defiがビットコイン決済を可能にする

ビットコインとdefiを混ぜ合わせた最も強気なケースの1つは、BTCが再び使えるようになるということです。ネットワーク料金の上昇とオンチェーン・プライバシーの欠如と相まって、ビットコインが一度に数十億ドルを移動させるのと同様に、マイクロペイメントにも適した腐りやすい現金として機能する能力を制限しています。そこでLightning Network(LN)の登場です。RSKがスマートコントラクトのためのビットコインのレイヤー2であるとすれば、LNはそのアナログ通貨です。

900万ドルのBTCがLightning Networkにロックされたことで、Lightning Networkはグローバルな決済ネットワークをサポートするための強固な基盤を手に入れ、Lightning Networkが技術に精通したアーリーアダプターだけでなく、多くの人がアクセスできるようにするためには、ユーザーエクスペリエンスを洗練させる必要があります。しかし、ほぼゼロに近いコストと完全な柔軟性を備えた、ほぼ即時の取引というその価値提案には説得力があります。

Defiの最終目標は従来の金融システムと並行して動作し、必要な人が誰でもアクセスできるようにすることです。パーミッションレスの金融システムであり、旧世界からのオンランプを完備しています。これを実現するためにDefiの開発者は、UX、ユーザビリティ、ベースレイヤー、ミドルウェア、アプリケーションレベルのコンポーネントの統合を洗練させ、真の有用性を提供し学習曲線が緩やかな製品を作成する必要があります。

現時点では、Defiの基礎は固まっていないため、多くの開発作業はまだベースレイヤーとレイヤー2で行われていることを意味しています。次の段階では、ビットコインやイーサリアムなどのDefiエコシステムと、MakerDAO、Compound、RSK、Lightning Labsのようなプロジェクトの努力によって形成されたDefiプリミティブから形成された新しいアプリケーションの間のより緊密な相乗効果が見られるようになるでしょう。ビットコインはすでに世界で最も分散化された暗号ネットワークです。その推進者たちの思い描く通りになれば、世界最大の分散型金融実験の拠点となるでしょう。


原文:https://coingape.com/what-is-bitcoin-defi/ By coingape