ブロックチェーン技術と社会的影響:興味深いユースケースの概要

はじめに

ブロックチェーン技術と暗号通貨は、すでに私たちの社会に良い影響を与えています。幅広い活動に応用できるさまざまなユースケースを持つブロックチェーンは、金融の世界だけでなく、私たちの社会の多くの部分に革命をもたらしています。簡単に言えば、社会にインパクトを与えるためのブロックチェーンは、人々を助けることができるのです。

これらのネットワークの最大の特徴は、分散型台帳技術(DLT)の分散型の特徴です。仲介者の数を減らし、ネットワークの効率化と独立性を高めることで、コスト削減だけでなく、当事者の独立性を高めることができます。

すでに複数の企業が、金融問題から不平等や情報への公平なアクセスまで、さまざまな問題を解決するためにブロックチェーン技術を実装する有意義なプロジェクトやソリューションに取り組んでいます。

ブロックチェーン技術とデジタルID

ブロックチェーン技術のシステムと分散型アイデンティティソリューションを組み合わせることで、私たちの社会に大きな価値をもたらす社会政策を生み出すことが可能になります。例えば、ユーザーは必要なデータのみを公開することで、自分自身に関する明確な情報を第三者に提供することができるようになります。自己主権型アイデンティティとして知られていますが、ブロックチェーン技術と分散型金融を通じた金融包摂を可能にするための礎石となるでしょう。

また、バイオメトリクスとデジタルIDは、地域社会がワクチンを期限内に受け取り、病気になるリスクを減らすのに役立つ可能性があります。これは、特定の脆弱な地域でのウイルスや病気の発生を予防し、減少させるための国家がバックアップするソリューションの実施を開始するための大きなきっかけとなるでしょう。

ブロックチェーンと暗号通貨関連の慈善活動の取り組み

ここ数年、暗号通貨市場ではさまざまな社会的な問題を支援することを目的として率先的に活動していたいくつかの団体があり、デジタル資産を使用して別の慈善団体に寄付をすることが、様々な取引所によって率先して行われてきました。

さらに、3年前にはビットコインが史上最高値を更新していたため、ユーザーが社会的な役割が明確ないくつかの団体に大金を寄付し始めることも可能になっていました。

その取り組みの一つとしてパイナップル基金が始めたもので、各地にある複数の慈善団体に約5,500万ドルのBTCを寄付することができました。Bitcoinが2万ドルに達したとき、自分が億万長者であることに気づいた匿名のビットコイン所有者によって5,100 BTC以上が寄付されました。

その中には、サハラ以南のアフリカにきれいな水を供給するためのパイプラインの建設や、各国のユーザーのデジタル著作権保護なども含まれています。

コロナウイルス:大きなチャンスをもたらす危機

COVID-19ウイルスの拡大により、世界は大規模な危機に見舞われています。アメリカ、スペイン、イタリアなどの国がこの数ヶ月で大きな被害を受けています。

ウイルスが非常に急速に拡大したことで、社会の反応は驚くべきものになっています。実際、これは、ウイルスと戦うための革新的な解決策を開発するために挑戦し、機会を利用するための素晴らしい瞬間です。

RSKは他の企業とともに、COVID-19と戦うためのブロックチェーンのユースケースを模索しています。David-19イニシアチブは米州開発銀行のプロジェクトで、誰かがCOVID-19ウイルスに免疫を持っている可能性が高いかどうかを理解するためにRIFディレクトリを使用しています。同時にユーザーは、ある個人が症状を呈しているかどうか、あるいはウイルスへの露出を減らす方法を知ることができます。

このプロジェクトの興味深い点は、ユーザーがブロックチェーン技術を使って簡単にデータを検証できるという事実についてです。これは非常に重要なことであり、プライベートなデータや情報を提供する必要がないということです。

RSKがイニシアチブを取る

RSKは5月5日に開始されたBitgiveのCOVID19キャンペーンに前倒しで惜しみない寄付をすることを決定した。彼らは現在、Direct Relief、One Fair Wage Emergency Fund、GiveDirectlyによるコロナウイルスへの対応など、3つの異なる要素を支援している。

先日行われたDiego Gutierrez Zaldivar氏とのAMAで、IOVLabsのCEOは、彼らが参加している幅広い取り組みや、現在社会にポジティブな影響を与えている取り組みについての情報を共有しました。

食料生産と再生可能エネルギー

また、ブロックチェーン技術を利用することで、食料生産と再生可能エネルギーという2つの産業が、どのように地域社会に意味のある影響を与えているのかを見ることができます。例えば、食料生産に関しては、食品が加工されるプロセス全体を追跡できるようになれば、病気や病気を蔓延させるリスクを減らすことができます。多くの取り組みでは、製品の品質に気を配るために、ユーザーが自分の食品がどこから来たのか、どのようなプロセスを経て作られたのかを知ることができるようになっています。

さらに、グリーンエネルギーの生産者は電気をトークン化するためにさまざまなブロックチェーンソリューションを使用することができます。また、人々は電力網全体の一部となり、他のユーザーや参加者にエネルギーを販売したり共有したり、あるいは購入したりすることもできる。このような取り組みを行っている企業の1つがSolshareですが、世界中には他にも多くの企業があります。

困難な状況はチャンスをもたらす

以前にも述べたように、困難は人々の生活向上に取り組む企業や企業に新たな機会をもたらします。RSKはブロックチェーン技術を用いて社会を支援し、暗号通貨マーケットの拡大に貢献している事業体の一つです。


原文:https://usethebitcoin.com/blockchain-technology-and-social-impact-a-quick-overview-of-some-interesting-use-cases/ By usethebitcoin