RIF on Chain(ROC):新しいステーブルコイン

はじめに

RIF on Chain (ROC)は、RIFをベースにした商品を取引するための迅速かつ安全なプラットフォームを提供するとともに、RIFトークン保有者がパッシブインカムを得る機会を提供しています。

RIF on Chain Defiプラットフォームは、主に3つの主要なアセットで構成されており、ユーザーのニーズに応じてさまざまな目的に対応するように開発されています。1つ目のRIF Dollar(RDOC)は、米ドルにペッグされた資産担保型ステーブルコインであり、RIFトークンで完全に担保されています。2つ目のRIFpro(RIFP)トークンは、トークン・ステークキング・モデルを通じて RDOCとRIFX の造幣を可能にするエコシステムの要であり、3つ目のRIFX は、RIF トークン価格の変動にエクスポージャーされるレバレッジ取引資産です。

RIF Dollar stablecoin(RDOC)は、RIF トークンを担保として使用しているため、crypto-collateralized stablecoinを構成します。このステーブルコインが他のcrypto-collateralized stablecoinと異なる点は、RDOCが発行されるメカニズムにあります。RDOCステーブルコインは、プラットフォームに一定量のRIFpro(RIFP)がステークされるたびにミントされます。RIFPの本質はRIFトークンの保有者が、RIFPが設計上レバレッジ製品であることの結果ではなく、主にプラットフォームに参加するユーザーによって生成された手数料から受動的な収入を得ることを可能にすることにあります。

RIF DOLLAR (RDOC)

RDOCは、米ドルと1対1でペッグされたステーブルコインで、スマートコントラクトによって保証されています。ユーザーは、RDOCステーブルコインの利用可能性に応じて、契約満了時にRDOCポジションの全額を換金することも、契約の有効期間中に部分的に換金することもできます。

RDOCのもう一つの重要な特徴は、RIFトークンを完全に担保にしており、他のDeFiプラットフォームのように担保やCDPを提供する必要がなく、ユーザーがプラットフォーム内で直接取得できることです。

RDOCトークンはユーザー間で譲渡することができ、サービスや製品、具体的にはRifマーケットプレイスで公開される予定のdAppsブロックチェーン製品の購入に利用することができます。トークンのもう一つの特徴は、互換性のある任意のハードウェアウォレットに保存できることです。

RIFPro (RIFP)

RIFPは、RIFのボラティリティに加えてRDOCのステーブルコインから受け取る少量のレバレッジを加えたもので、RIFのボラティリティをミラーリングするトークンです。RIFPトークンは、ROCプラットフォームがRDOCのユーザーとRIFXのトレーダーに請求する取引手数料から何%かの恩恵を受けることになります。そのためRIFPはRIFトークンのポジションに最低限のレバレッジをかけてパッシブインカムを得たいと考えているRIF保有者に適したトークンとなっています。

RIFX

RIFXは、RIFのレバレッジ分散型のロングポジションです。30日ごとに更新される自動化されたスマートコントラクトに基づいて、この製品は製品寿命の初期に2倍のレバレッジファクターを持ち、その後はRIFトークンの価格やROCプラットフォーム内のRDOCステーブルコインの量などの特定の変数に基づいて変動するレバレッジを持っています。ユーザーは、レバレッジ資産の取引に関連するリスクを認識し、ポジションが清算される可能性があることを理解しなければなりません。ROCプラットフォームは現在のバージョンでは、マージンコールの通知がありません。RIFX商品は、RDOCステーブルコインのように期限切れまで待つ必要なく、いつでも売却することができます。

2020年はDeFiの年?まさに実現しそうで、ビットコイン上にあるスマートコントラクトプラットフォームであるRSKがエコシステムに大きく貢献しています。


原文:https://blog.coinmarketcap.com/2020/04/24/rif-on-chain-roc-a-new-kind-of-stablecoin/ By coinmarketcap