新しいRIFネームサービスにようこそ

なぜ新しいRIFネームサービスなのか

新しい.rskのドメインの登録プロセスが始まった事を発表できてうれしく思います。これにより5文字以上の名前を即座に購入できるようになり、以前提供されていたオークション・モデルはすでに無効となっています。

RNS(RIF Name Service)は、ビットコインネットワークで保護された最初のドメインネームサービスです。ドメイン名を使用してWebページを識別したり、メールアドレスを使用して電子メールボックスを識別すると、RNS名を使用して暗号通貨ウォレットを識別することができます。

RIFネームサービスは、人が読める名前でブロックチェーンリソースを識別できるアーキテクチャを提供しています。
人々が読める名前に関連付けられた複数のリソースへのアクセスを一元化することで、ブロックチェーン・プラットフォームのユーザー・エクスペリエンスが向上につながります。リソースは時間の経過とともに変化する可能性があるため、システムは頻繁な変更にも対応できる柔軟性を備えていることになります。

RIFディレクトリープロトコル

要約すると、Webページなどの分散または集中化されたリソースに関連付けることができる商用ドメイン、またはパーソナルリソース(ウォレット、ストレージ、通信アドレスなど)に一意に関連付けることができるエイリアスをユーザーが取得できるようにするプロトコルです。人が読める名前を使用する利点は、エンド・ユーザーにとってブロックチェーン・テクノロジーの見かけ上の複雑さが軽減されることです。

RNSレジストリ

RIF Labsは、RDP用の最初のサービスプロバイダーであるRIF Name Service(RNS)を実装しました。RNSは、RSKブロックチェーンを使用して名前情報へのアクセスを維持および制御します。なのでRSKブロックチェーンはRNSデータの分散化とセキュリティを保証します。

ネームレジストリはツリーとして解釈されます。ツリーのルートは、考えられるすべてのトップレベルドメイン名 (TLD) を制御します。TLDの子はドメインと呼ばれます。また、ドメインの子はサブドメインと呼ばれます。
RDP名は、ドットで区切られた一連のラベルで構成されます。最後のラベルはTLDに対応し、子は常に親の前に表示されます。例としてこの図ではsubdomain.alice.rskの名前を簡単に識別できます。

<RDPツリーの例>

ネームレゾリューション

ネームレゾリューションとは、データベース内の名前を検索し、存在するかどうかを確認し、存在する場合は関連情報を返すプロセスとなっています。このプロセスは、ウォレット、取引所、またはdAppsで、複雑なアドレスではなくわかりやすい名前を処理するために使用することができます。

たとえば、BobはAliceにお金を送りたいとします。アリスはまず自分の名前をボブに送ります。そうすればボブはアリスを入力できます。walletアプリケーションでrskを起動し送信ボタンを押します。ウォレットはRNSレジストリでこの名前を検索し、関連付けられた結果情報によって取得されたアドレス情報を使用して処理を続行します。

ボブのウォレットは、RNSでアリスの名前を見つけて送金先のアドレスを結果付けます。
こちらで名前を確認することができます。

一例としてilan.rskを入力して照合をクリックすると、下記画像のような情報が表示されます。

サブドメインマーケティング

名前を取得したら、スマートコントラクトを使用して、特定の状況下で子をサードパーティに委任するように設定できます。たとえば、fast.rskドメインの所有者は1RIFトークンと引き換えにbob.fast.rskというサブドメインをBobに委任することができます。

スマートコントラクトは、このプロセスを人為的なミスなしに透明かつ効率的にすることを可能にし、私たちが想像できる限り多くの状況を定義します。このような状況のいくつかの一般的な例として、有効期限、資産カウンターパート、または安定した価格などです。

.rskドメインを取得の仕方

.rskドメインはRNS(rif name service)こちらを介して取得できます。このdAppを使用すると、DNSドメインとして名前を購入して管理することができます。

  • RNS Managerを開き、目的のドメイン名を検索します。

  • ドメイン名があった場合は[register] をクリックします。その後、指示に従って下さい。この作業には1、2分かかります。


    任意のWebブラウザ・ウォレットを使用できます。このガイドに従って、Metamask Walletを使用し、RSKネットワークを使用するように設定することをお勧めします。また、Nifty walletも良い選択肢です。
    >登録の支払いには、RBTC(ガス)およびRIFトークンが必要です。サポートしている取引所については、こちらをご覧ください。

    ドメイン名を登録したら、管理ページに移動してアドレスを確認してく設定をしてださい。

    既に.rskドメインを持っている場合

    ドメインを更新するには、新しいモデルに移行する必要があります。これはRNS Managerを使用して実行できます。

    1.RNS Managerにログインします。
    2.管理ページに移動
    3.画面上部の 「migration」 アラートをクリックします。

    トランザクションが承認されるまで待ってください。そうすれば完了です!
    注意:このアクションは、ドメインの有効期限が切れる前に実行する必要があります。


     

    参照情報

原文:https://medium.com/@RSKNews/new-rif-name-service-registration-process-e85bb7688b10 byRSK medium
原文:https://medium.com/@RSKNews/welcome-to-rif-name-service-5a6623dfeafb byRSK medium