RIF Lumino Paymentが目指していること

この記事では、RIF Lumino Paymentsが行っているスケーラビリティへのアプローチを簡単に分析します。

Bitcoinスケーラビリティの解決策というと、SegWitとLightning Networkがすぐに頭に浮かぶでしょう。しかしスケーラビリティは、すべてのブロックチェーンにとって課題です。たとえば、Ethereumは過去2年間、この問題に取り組んできました。最近、Cryptokitties1現象によってEthereumではトランザクションが詰まってしまっています。他のブロックチェーンでも同様の問題が発生したため、専門家はスケーラビリティがブロックチェーン技術にとって最も重要な課題の1つであると考えています。多数のトランザクションを高速かつ低コストで処理すると同時に、分散化という特長を犠牲にしないブロックチェーンを設計することは難しい作業です。しかし、ブロックチェーン技術が従来の支払い処理と競合するためには非常に重要な作業でしょう。ビットコインが価値を貯蓄できるという話はビットコイン使用の強いインセンティブとなりますが、社会にとっての本当の利益は、ビットコインが数億人に行きわたった際に初めて発生するものでしょう。結局、ブロックチェーンの価値は広い範囲への浸透という1つのことに帰着します。

1…Ethereum上の猫育成ゲーム。利用者の増加でイーサリアムのネットワークに大きな負荷をかけた。

ブロックチェーン技術が従来の代替手段と競合するためには、TPS(1秒あたりのトランザクション数)の割合を増やすことが必須です。この点で、RIF Luminoは特別な存在となります。RIF Lumino Networkとはそもそもどのようなものであり、どのような価値を提供するのでしょうか?詳細に移る前に、スケーラビリティに関する過去のBitcoinの改善点をいくつか振り返ってみましょう。

SegWitの機能

2017年7月、SegWitのソフトフォークがBitcoinネットワークで行われ、Bitcoinネットワークのスケーラビリティがわずかに向上し、その他のプロトコルの問題が修正されました。しかし、SegWitとは何であり、またどのように機能するのでしょうか?

取引がBitcoinのネットワークで行われる場合、その取引には送金額、送金先アドレス、所有資金の使用を承認する1つ以上のデジタル署名などの情報が含まれます。平均して、署名はトランザクションスペースの約25%を消費します。ビットコインブロックの最大サイズは1メガバイトです。 SegWitは、ブロックサイズの制限対象ではない部分に署名を移動し、わずかなスペースの増加を提供します。これにより、ブロックにトランザクションをさらに追加できるようになるのです。 Bitcoinコミュニティはまた、シュノア署名の使用を可能にする新しいソフトフォークを評価しています。これは複数の署名を1つにまとめることによってトランザクションサイズをさらに減らす方法です。

Lightning Networkの目的

さて、すでにチェーン上のトランザクションサイズを縮小できる場合、Lightning Networkの目的は何なのでしょうか?

Lightning Networkは基本的に、「支払いチャネル」という概念に基づいて構築されたセカンドレイヤーネットワークです。 2人のbitcoinユーザーが支払いチャネルを開いて、その後ほぼ瞬時に検証できるトランザクションを行うことができます。トランザクションはチェーン外で行われるので、典型的なブロックチェーンの待ち時間がほとんどありません。支払いチャネルに関わるすべての当事者は、チャネルの最終残高の記録を保持します。この情報がメインチェーンに送信された時点でプロセスは終了するため、適切な検証と検証の後、残高はメインチェーンに記録されるのです。したがって、何千ものチェーン外取引を、支払いチャネルを管理するいくつかのチェーンに統合できます。現在、Lightning NetworkとSegWitは、スケーラビリティとより安価なトランザクションという点で大きな貢献をしていますが、Bitcoinプロトコルで定められた一定の限界を超えてBitcoinを拡張することはできません。RIF Lumino Paymentsではその問題を解消できます。

まず第一に、よくある誤解を避けるためにいくつかの重要な概念を明確にしましょう。 IOVラボのCEOが説明したようにRIF OS(RSKインフラストラクチャフレームワークオープンスタンダード)は、ブロックチェーンベースのスマートコントラクト上に構築された、分散アプリケーション(dApp)をより速く、より簡単に、そしてスケーラブルに開発できる一連のオープン分散型インフラストラクチャプロトコルです。初期プロトコルには、RIFディレクトリ(ネーミングサービスプロトコル)、RIF決済(オフチェーンペイメントプロトコル)、RIFデータ(データストレージおよびストリーミングプロトコル)、RIFコミュニケーション(セキュアルーティング、セッションおよび暗号化通信プロトコル)およびゲートウェイ(クロスチェーン転送とオラクルサービスを含む相互運用プロトコル)が含まれます。しかし、これは単なる一要素にすぎません。 RIFは、これらすべてのサービスへのアクセスを提供するユーティリティトークンでもあります。つまり、RIF決済は、エコシステムに関するRIF OS提案のプロトコルの1つであり、RIFトークンが必要とされる残りのコンポーネントの一部によって提供されるサービスに対する効率的な支払いをサポートする重要なサービスです。ただこれだけでは今回の説明は終わりません。さてLuminoとは何でしょうか?

RIF Lumino Networkの役割

RSK&RIFの主任研究員Sergio Lernerによる論文に記載されているように、Lumino Transaction Compressionは、高い圧縮率を達成するブロックチェーンをスケーリングするための代替手段です。 Sergioと彼のチームは、不要な署名を削除し、ユーザー定義のプリセットを使用してトランザクションを圧縮するLTCP(Lumino Transaction Compression Protocol)を開発しました。署名はRSKのトランザクションスペースの70%を占めることを念頭に置いておくと、このプロトコルがどれほど大きい価値を持つかすぐにわかるでしょう。

さて、何かピンときませんか?各ブロックの使用可能スペースとTPSレートを向上させるためのSegWitとLightning Networkのはたらきについて上記でお話しました。RIF Lumino Networkも同じ目的で、当事者が支払いチャネルを使用してオフチェーンで取引することを可能にします。 Lightning Networkを既にお持ちの場合、なぜRIF Lumino Networkが必要になるのでしょうか?それは、LightningはもともとBitcoinのネットワークでさらなるスケーラビリティを提供するように設計されていたのに対し、Luminoはその同じ概念をBitcoinのブロックチェーンの上にあるサイドチェーンにもたらすからです。これがまさにRSKのすべてです。 Lightning NetworkとRIF Lumino Networkは競合他社ではありません。異なる層(メインチェーン、サイドチェーンなど)にさらなるスケーラビリティを提供するために、それらは連携して補完します。

メインチェーンとは異なる階層でスケーラビリティを提供することが注目されているのはなぜでしょうか? Bitcoinのネットワークは、Ethereumや他のブロックチェーンとは異なり、もともとデフォルトでは開発者がスマートコントラクトをコーディングして実行できるように設計されていないため、RSKが代わりにその役割を果たしているのです。RIF Lumino Networkは、ネットワークを使用する意思のある全ての異なるRRC-20トークンにスケーラビリティを提供する手段であり、その上でトランザクションコストはすべてRBTCで支払われます。 RIF Luminoネットワークは、RSKネットワーク上に存在するすべてのトークンに対してオフチェーンでの支払いを可能にします。これは、ネットワークの混乱を避けて支払いの数を増やすために必要不可欠です。

つまり、RIF Lumino Networkは、RSK上に構築されたすべてのトークンが支払いチャネルの使用することを可能にし、同時にトランザクションの処理能力を向上させると同時にコストを削減するサードレイヤーソリューションです。詳細については、https://www.rifos.org/rif-lumino-network/を参照してください。是非今からRIF Lumino Networkを試してみてください。

原文:Scalability: What Is RIF Lumino Payments Trying To Achieve?